トップページ > 会社情報 > 企業理念

会社情報
企業理念

伊藤忠グループのコーポレートメッセージ

ひとりの商人、無数の使命
ひとりの商人がいる。そしてそこには、数限りない使命がある。
伊藤忠商事の仕事場は、この地球の上すべてです。国を超えて暮らしと関わり、
新たな生活文化を創り、ありとあらゆるものを力強く商っています。
そのとき忘れてはならないことは「その商いは、未来を祝福しているのか?」ということです。
私たちは、この世界に生きるすべての人の明日に貢献する企業として「豊かさを担う責任」を果たしていきたい。
商うことの先に広がる、生きることの豊かさこそが、本当の利益だと信じているからです。
これは、そういう、ひとりひとりの商人の使命と決意を表す言葉です。
か・け・ふシリーズ 統括

かせぐ。
よく稼ぐ商人に必要なものは「勘」という説もあり。
商いは、相手を瞬時に見抜く目にかかっている。
いつも本能を研ぎすませ、一生懸命コツコツと、
小さな成功体験を積み重ねた先にある勘は、
科学でもうまく説明できない説得力がある。

けずる。
削るは商いの基本。余計な支出。無駄な会議。
不要な接待。多すぎる残業。削る、削る、トントン削る。
それは、終わりのない掃除のようなもの。
徹底すれば、低重心で隙のない商いの姿勢を保てる。
削ることで生まれるものが、尊い。

ふせぐ。
防ぐは、稼ぐ・削るより難しく、最重要。
サッカーの試合で1点の負けを取り返す苦労があるように、
損した分まで稼ぐことがいかに大変か。
1億を稼ぐより、まずは1億の損を防ぐ。
防ぐと稼ぐは表裏一体。防御こそ最大の攻撃なり。

か・け・ふ。
それは伊藤忠商事が掲げる商いの三原則、
「稼ぐ・削る・防ぐ」を意味しています。
稼ぐは商人の本能。削るは商人の基本。防ぐは商人の肝。
その3つが支え合って成立するものです。
ひとりの商人、無数の使命 伊藤忠商事

私たちの思い ~ Our Principles ~

私たちは、伊藤忠グループの一員として医薬品やファインケミカル、樹脂原料等の広範な化学品の取扱いを通して人々の健康や文化生活を維持・増進するという使命を担っています。
また、私たちの事業が時として人々の生命に関わるものであることから、高度な倫理観と安全性への配慮、そしてリーガルコンプライアンスを特に重視して、社員一人一人が行動します。これらの活動により私たちは「豊かさを担う責任」を遂行しようと思います。
一方で、事業活動が与える環境への影響を配慮した経営も大切なテーマであります。当社ではISO14001に基づく環境マネジメントシステムを推進し地球環境の保全を意識した事業活動を行なって参ります。
私たちは、今までもそしてこれからも良き企業市民として、社会と調和した健全な事業活動を通じて社会的責任(CSR)を果たし、信頼される企業であり続けたいと考えています。

伊藤忠グループの企業理念

豊かさを担う責任 伊藤忠グループは、個人と社会を大切にし、未来に向かって豊かさを担う責任を果たしていきます。

企業行動基準

「先見性 Visionary」「誠実 Integrity」「多様性 Diversity」「情熱 Passion」 「挑戦 Challenge」からなる「ITOCHU Values(価値観)」は、創業以来150年以上にわたり、基本的な価値観として伊藤忠の中で受け継がれてきました。これらは一つとして欠くことができないものであり、互いに関連し合っている、伊藤忠グループが「ITOCHU Mission(使命)」を果たすための大切な理念です。

「伊藤忠グループ企業行動基準」は企業理念に基づく私たち一人ひとりの行動基準であり、「5 self-tests(5つの質問)」から成り立っています。


先見性
Visionary

あるべき将来像を描き、そのビジョンと道筋を明確に示して周囲の意欲を引き出し成功に導くこと。

私は、より良い未来を創るために、周囲の意欲を高めて一緒に前進しているか?


誠実
Integrity

明言された約束を守り、裏表のない行動をし、どこでも誰とでも常に高い倫理観を持って接すること。

私は、その仕事に自分がかかわっていると胸を張って言えるか?


多様性
Diversity

性別、年齢、国籍、勤務経験等の違いを受け入れ、尊重し、その多様性を活用してよりよい成果を生み出すこと。

私は、最高の成果を生み出すために、様々な人の多様な視点や能力を活かしているか?


情熱
Passion

取り組んでいることに集中してエネルギーを注ぎ、成功するまで強い意志を持ち続けること。

私は、責任感をもって、熱い思いで取り組んでいるか?


挑戦
Challenge

いかに困難であっても強い意図を持って新しいことに果敢に挑み、創意工夫をして未来を切り拓くこと。

私は、積極的に新しいことに取り組んだり、新しい発想で解決を試みているか?